知っておきたい!物件選びをする際のチェックポイント

周辺環境をチェックする

賃貸の物件選びのポイントとして1つ目に挙げられるのは、「周辺環境のチェック」です。物件そのものが良くても、周辺の環境が悪ければ快適な生活ができなくなる恐れがあるためです。人の溜まり場になりそうな(騒音の原因にもなる)公園や店が近くにないかどうかや、駅から物件までの道で危険そうな場所がないかどうかなどがチェックポイントになります。下見を行う際は昼間だけでなく夕方や夜も行うと、より正確な実態を把握することができるでしょう。

物件そのものをチェックする

2つ目は「物件そのもののチェック」です。チェックポイントとしては、部屋の配置が、事前に渡された見取り図と同じかどうかを調べるということがまず挙げられます。まれに見取り図と違う場合もあるため、一応確認だけはしておきましょう。他にも、窓や扉がちゃんと開閉できるかということや、シャワーの水圧が弱すぎないかといったこともチェックポイントになります。また築年数が古いものは、表面上は新しく見える場合でも老朽化している部分もあるため、その点を考慮して選ぶようにしましょう。

防音性の高さをチェックする

3つ目は「防音に関するチェック」です。まず基本的には、木造より鉄筋コンクリート造のほうが防音性に優れているため、音が気になる場合は鉄筋コンクリート造のマンションを選ぶとよいでしょう。さらに鉄筋コンクリート造の防音性は壁の厚さによっても変わるため、より厚い壁(180mm以上など)を選ぶことも重要です。また、隣の部屋との間に押入れ等のスペースがあると防音に役立つため、見取り図のチェックもしておくとよいでしょう。

札幌の賃貸マンションは、駅の周辺に多数の物件が存在するため、アクセス性に優れた物件をスムーズに見つけられます。