相続税対策で知っておくべき基本と準備について

今のうちにはじめる相続対策

昨年から相続税が改正され、相続税が実質増税されました。相続税の基礎控除における対象範囲も広がり、多くの人が相続税について考えなくてはならなくなりました。今までは8千万円の試算に対しては相続はかかりませんでしたが、今後は4800万円以上、引き下げられます。なのでまず基礎知識として知っておいていただきたい点を、まとめておきたいと思います。相続税というのは亡くなった人の遺産を相続した人に対してかかってくる税です。

相続税について見直しを。

相続税で絶対に覚えておかないといけないのは基礎控除というものです。基礎控除というのは残された相続財産が一定金額以下である場合、相続税を支払う義務はありません。これが相続税を納めるかどうかの判断基準になります。基礎控除には計算式があり、三千万円と法定相続人の数に600万円をかけたものによって算定できます。法定相続人とは民法で定められた相続人の資格がある人で主に配偶者や子供などが該当します。この基礎控除計算は足し算と掛け算のみなので誰でも計算できます。なのでまずは子の基礎控除に照らしてみれば、自分は相続税がかかってくるのかある程度判断することが出来ます。

相続税は必ずしもかかるものではありません。

もし相続税がかかる場合はかなりの金額を納める必要があります。注意が必要なのは亡くなった方の住民税や所得税は残された家族が支払わなければいけません。相続税がかからなくても請求が来ますし、支払わない場合は延滞税がかかるので注意が必要です。財産が預金や有価証券だけなく、持ち家の場合も不動産財産として加算されます。こういった負担を配偶者や子供にさせたくないと考える方も多くいるでしょう。相続税対策には色々ありますがその一部を紹介します。最も簡単な相続対策では暦年課税贈与です。これは贈与税の課税方式の1つで、1年間の贈与額が110万円以下なら贈与税がかかりません。誰に対してもどのような財産でも相続資産を圧縮することが可能です。この他にも相続人を増やす方法として、養子があります。そして土地がある場合は、建物を建てれば相続税評価額を下げることも出来るし、賃貸物件として人に貸すことも有効です。相続税対策で大事なことは、出来る限り早めに対策をするという点です。被相続人が亡くなってからでは葬儀や遺品整理などに時間をとられ出来ることは限られてしまいます。今のうちに相続財産について考えてみてはいかがでしょうか。

相続税対策のため、あらかじめ子供達に財産分与しておくことは後々のもめ事も少なくなるので非常に重要です。