マンション経営で収入を増やすには?対策が大切

マンション経営の収入の基本

マンション経営をして収入を得るというときの基本は家賃です。マンションの部屋の数や個々の部屋の家賃から最大の収入額を計算できます。ただし、いつも満室というわけではない可能性も考慮しましょう。借りてくれた人はいつか退居するものであり、それから新しい借り手が見つかるまでの間はその部屋からの収入がなくなります。少しでも空室になってしまう期間を短くするのが収入を高めるために重要であり、適切な対策を立てるようにしましょう。

空室対策の基本は魅力

空室対策をするのはマンション経営で収入を維持するためには欠かせません。退居があってからすぐに次の借り手が入ってくれれば問題はありませんが、何ヶ月あるいは何年も空室になってしまうリスクもあるのです。空室対策の基本は魅力を高めることであり、周囲の物件に比べて何が魅力かを考えましょう。立地が良ければそれに越したことはありませんが、後から変更はできないでしょう。良い設備を導入したり、内装を整えたりするのが戦略になります。

家賃を下げるのは最後の手段

自分が賃貸物件を探すときに何が大切かと考えると家賃という人が多いでしょう。空室対策で最後の手段となるのが家賃を下げる方法です。わずか1000円の違いで借り手が見つかる場合もあります。しかし、下げてしまうと収入の最大値が低下してしまうことになるので注意しましょう。一度下げてしまった家賃を引き上げるのは困難であり、収入が頭打ちになってしまいます。あくまで最後の手段として利用すると良いのが家賃の変更なのです。

マンション経営とは、自身が所有するマンションを企業や個人に賃貸借をして収益を得る方法を言います。不動産管理会社を代行させて行う場合もあります。